第2子妊活は出産後1年半くらいは空けるのが理想的

妊活サプリ

子どもには兄弟がいる方が、いろんなことを学んでいくことが出来ます。

 

兄弟がいることによって、物を譲ったり譲られたり、順番を守ることも覚えていくようになりますし、子どもどうして遊ぶこともできますので、幼少期から様々なことを学んでいくことが出来るでしょう。

 

そのためにも、一人っ子で育てるよりも、第2子の検討もするようにしなくてはなりません。

 

しかし第1子は結婚してすぐにできたというのに、第2子はいつまでたっても授かることが出来ないということは、第2子不妊の可能性があります。

 

第1子はすぐに授かったのだから第2子もすぐに授かるだろうと考えていたのに、第2子不妊は自分には当てはまらないだろうという考えはいけません。

 

二人目がなかなかできないということはよくある話ですので、決して他人事ではないのです。

 

第2子を希望しているのであれば、妊活をするようにしておいた方がいいでしょう。

 

第2子の妊活を始めるのであれば、いつごろから始めるのが理想的なのでしょうか。

 

理想的なのは、出産後一年半くらいは間を空けることです。

 

なぜ一年半程度もあける必要があるのかというと、あまりにも早く妊娠をしてしまうと、低体重児や早産の危険性が高まってくるからです。

 

赤ちゃんにそれだけの危険をもたらさないようにするためにも、間はある程度開けたほうがいいということになるのです。

 

そして第1子を帝王切開で出産した人の場合は、子宮破裂の可能性も高まってきますので、母子ともに危険な状態になります。

 

そういったリスクは避けたいですので、出来るだけ一年半はあけてから妊活を始めるようにしましょう。

 

第2子不妊になる原因としてあるのが、育児による疲れも原因として考えられます。

 

育児で疲れがたまっていることによって体調が悪ければ、妊娠が出来る状態になっていないですので、いつまでたっても妊娠が出来ないということになるのです。

 

育児による疲れは体だけではありません。

 

子どもと二人きりの生活を続けていると、精神的な疲れも出てくることになりますので、ストレスもかなり溜まってきます。

 

体の面も精神的な面でも不妊の原因として出てきますので、育児を一人でしようと思わないようにしなくてはなりません。

 

夫の帰りが遅くて頼れないのであれば、祖父母を頼るようにしたり、子育ての支援センターなどを利用して、ストレスを解消していく事です。

 

妊活を初めてスムーズに妊娠できるような体作りをしていきましょう。