産褥期(さんじょくき)をおろそかにしてはいけません

妊活サプリ

 

出産を終えると、母親は産褥期という期間に突入します。産褥期とは出産を終えた母親にとって非常に重要な時期であり、この時期をどう過ごすかによって、その後の経過が大きく変わってくるのです。

 

そもそも産褥期とは、妊娠と出産によって変化した母体が、妊娠前の状態に回復するまでの期間を表し、だいたい産後6週間から8週間がこの時期にあたります。

 

約10ヶ月にも及ぶ妊娠期間と、出産を終えた母体は、非常に疲れ切った状態にあります。

 

産褥期に無理をすると、その時には大丈夫だと思っても、あとになって様々なトラブルに見舞われることもあり、場合によっては、更年期までにその影響が及ぶ場合もあるのです。

 

産後3週間から1ヶ月で床上げと呼ばれるため、産後1ヶ月前後のこの時期は、母親の体を回復させるための大事な時期であり、安静に努め、しっかりと休養することが大切です。

 

そのため、家事も必要最低限にとどめ、配偶者に協力してもらったり、時には家事代行などを利用することも大切です。

産褥期をおろそかにするとこんなトラブルが!

  • 妊娠中に大きくなった子宮は、産後に少しずつ小さくなりますが、子宮の戻りが遅れ、感染症になったり、子宮内膜が炎症を起こし、癒着などを引き起こすこともあります。この影響により、出産後に不妊になったり、流産しやすくなることもあります。
  • 子宮回復のバロメーターとなるのが悪露ですが、子宮の戻りが悪いと、いつまでも赤色だったり、量が増えたりするトラブルがあります。
  • 会陰切開や会陰裂傷などによってできた会陰の傷は、出産後すぐに産婦人科医によって縫合されます。近年ではとける糸が使用され、傷の治りも早いといわれていますが、会陰の傷から細菌が入りやすく、産褥期をおろそかにすることで、免疫力もさがり、膿んだり、縫合し治さなければならないトラブルも出てきます。
  • 出産により開いた骨盤は、安定するのに1ヶ月はかかるので、産褥期に無理をすることで、骨盤がゆがんだり、開いたまま戻らなくなるトラブルも考えられます。
  • 精神的にも不安定になりやすい時期なので、産後うつを引き起こしやすくなります。

産褥期の正しい過ごし方

産褥期の正しい過ごし方としては、基本的には安静が第一です。

 

産後の母体は元の状態に戻ろうとしているところで、ホルモンバランスも大きく変化するので、精神的にも肉体的にも不安定な状態であるといえます。

 

基本的には赤ちゃんのお世話をすることだけに努め、それ以外は横になって休むようにしましょう。

 

まわりに頼る人がいなかったり、上の子供がいる場合など、家事をやらざるを得ない状況の人もいますが、自治体のサービスや食事の宅配などを、この時期だけでも利用するのもよいでしょう。

 

また、思うように家事ができず落ち込む人もいますが、この時期はストレスを抱えると産後うつに発展する可能性もあるので、完璧さを求めるのはやめましょう。

 

体を回復させるためにも、バランスのよい食事も重要になってきます。特に母乳育児をしている母親の場合には、母乳を作るための栄養も必要になってきます。良質なタンパク質、鉄分、カルシウムやビタミンなどは積極的に摂取するようにしましょう。

 

また、授乳中も葉酸は重要な栄養素になってきますので、葉酸サプリでしっかり補給するようにしましょう。