産後クライシスとは

妊活サプリ

産後クライシスとは 産後クライシスとは産後2年以内に夫婦の愛情が急速に冷める状況を言います。

 

厚生労働省の調べによると子供が0歳から2歳までの間に離婚した母子世帯の割合は全体の約35%にも及び産後2年以内に離婚する夫婦がいかに多いのか表しています。

 

産後クライシスは出産による体調不良やホルモンバランスによって引き起こされることがありますが、旦那の育児や家事に対しての貢献度や精神的不安が原因で引き起こされることもあります。

 

出産を機に仕事を辞めたり未婚の友だちと話が合わなくなる等の様々な精神的不安が襲ってきたり、子供を立派に育てなければならないというプレッシャーと毎日戦わなければならなくなり、産後の幸せを想像していたのに理想と現実の大きなギャップが原因で引き起こされることがあります。

産後クライシスの例

産後クライシスの例がいくつかあります。

 

旦那側

  • 生まれてきた子供は可愛いが喧嘩することが多くなった。
  • 出産前は怒られなかったことも産後に行うと怒られることがある。
  • 妻の意識が子供だけに向いているように感じ家庭内で居場所が無いと感じるようになったため離婚に至った

という例があります。

 

妻側

  • 出産前はイライラしなかったことでもイライラするようになり喧嘩が増えた。
  • 旦那がいない間子供をひとりで見ているのに仕事から帰ってきた後に子供の面倒を見てくれず結局ずっと自分が面倒を見ていることに苦痛を感じ最終的には離婚に至ってしまった。

という例がありました。全くいうことを聞いてくれない子供の世話をしていると気が狂いそうになってしまい、さらに旦那の協力がないことで産後クライシスが起こってしまいます。

産後クライシスに陥らないために

産後クライシスに陥らないためには育児や家事を手伝ってほしいと旦那にしっかりと伝えることが大切になってきます。

 

例えば赤ちゃんが泣いているのに見ているだけの旦那にイライラする気持ちを抑え、オムツを替えてくれたら助かる・ミルクをあげてほしいと具体的なお願いをするようにしましょう。

 

言わなくても察してほしいという考えはトラブルの元になりますので言葉でしっかり伝えることが大切です。

 

そしてストレスを溜め込まないようにストレス解消方法を見つけるようにしましょう。またひとりで完璧にこなそうとせず実家や外部のサポートに頼ることも大切です。子育てを手伝ってもらったり不安な気持ちや愚痴を聞いてもらうことで気持ちが楽になることが多いです。

産後クライシスから抜け出すには?

産後クライシスに陥ってしまった場合はちょっとやそっとじゃ抜け出せないので夫婦の根気強さが必要です。

 

旦那がまず一番初めにすべきことは精神的・肉体的に追い詰められている妻の状況を理解することです。

 

出産の疲れが残った状態で育児が始まり、まとまった睡眠が取れない状態で慣れない育児を行う妻をいたわり積極的に家事・育児を手伝うようにしましょう。

 

妻はイライラはホルモンのせいだからいつまでもつづくわけではないと割り切り乗り越えるようにしましょう。

 

そしてお互い話をしたり共感しあったりとコミュニケーションをしっかりとるようにすることでストレスの軽減につながります。ひとりで子育てをしているわけじゃないと感じることができれば夫婦の愛情が一層深まるでしょう。

次の子どもが欲しいと思ったら

夫婦の関係がうまくいっていないときに、次の子・・・という話には到底なることはないでしょう。

 

産後クライシスをうまく乗り越え、次の子が欲しいという気持ちにお互いがなれば、ぜひ妊活サプリを夫婦共々飲みましょう。

 

これは、健康面で赤ちゃんを授かる準備になるのはもちろんのこと、精神面でも二人で共同の行為を行うというのは些細なことでも絆を深める要素となります。

 

毎朝、お互い「もう飲んだ?」と確認したりし、コミュニケーションの一環にもなります。

 

妊活サプリで心身共に赤ちゃんを授かる態勢ににしましょう。