卵子が老化していると不妊治療でも子どもを授かる事が難しい

卵子の老化という言葉を聞いたことがあるという方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

 

TVで高齢出産に成功される有名タレントを目にするようになり、誰でも不妊治療さへすれば子どもは授かれるだろうと思っている人が少なくありません。

 

不妊治療は主にタイミング療法・人工授精・体外受精・顕微授精があり、タイミング療法から順番にステップを踏んでいきます。

 

体外受精・顕微授精は高度不妊治療と呼ばれています。

 

キャリアを積む女性が増えてくる中、年齢を重ねても高齢出産にはなるが生むことはできると思っている人が多いようですが、子どもを授かりたいのに授かれない人で女性側に問題がある人の約半数はこの卵子の老化が原因だそうです。

 

不妊治療が長引けば長引くほどお金も必要になり、治療にかけた費用は数十万円から多い方で1000万円を超えるそうです。

 

それでも卵子が老化してしまっていると、もう専門医もお手上げ状態だそうです。

 

女性が男性と肩を並べて仕事ができる時代になりましたが、卵子の老化だけは卵子凍結などを除き防ぐことは出来ません。

 

将来的に子どもがほしいと思っている人はそれを頭に入れておく必要があります。

 

鳥取県米子市にあるミオ・ファティリティ・クリニックという不妊治療専門クリニックは毎日100人以上が訪れるクリニックだそうで、他の病院で不妊治療をしたけれどもだめだった方が最後の望みをもって全国から集まるそうです。

 

妊活しているけれどもなかなか授かる事ができない方は、一度訪れてみられてはどうでしょうか?